« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

深視力ブログを始めます。

ネタが少ないもので、今回から深視力についても書いてみることにします。

深視力は、見ている物がある物より手前にあるか後ろにあるかを判断する能力です。(立体視と通ずるところもあります)

深視力は、ほとんどのスポーツや運転・操縦に関わってきます。深視力が弱いばっかりに運動が苦手になったり就きたい職種に就けなかったりと苦労している方も多いと思います。

そのような方に興味をもって読んでいただける内容をお届けしたいと考えています(できるかどうか少々心配です)今日は、イントロということで、

続きは次回です

必ず片方の頬にフレームが付き困っていた

今まで、頬に付かないようなメタルフレームを選んできたが、
フィッテング技術があればセル枠でも頬に付かないように出来るなんて今まで知らずにきました。
とおっしる客さんがおりました。
その方は今回スペックエスパスのセルフレーム(ES-8201)を購入されましたが、
頬の出っ張りが左右で異なるため、そのままだと片方のリムが頬に当たってしまう方でした。

上手なメガネ屋さんに巡り会えなかったばっかりに「メガネはそう言うモンだ」と思いこんでいるエンドユーザーが今日もおられたのでピックアップしてみました。
あなたにも心当たりがありませんか?

spec espaceのご紹介

P1010003spec espace ES-6031 col.7(マッドシルバー)のご紹介です。レンズ固定リムとフロントが別々になっていて、こちらも、そり角が強いフロントのフレームにかかわらず、非球面レンズが装着出来るようになっています。

税込み価格26,250円です

P1010004

spec espaceのご紹介

P1010001 spec sepace ES-6201BK(ブラック)のご紹介です。メタルでありながら厚手のチタンを抜いているため重厚さがあります。同時に立体感もありスタイリッシュな出来上がりになっています。ビジネスでの出番がイメージされる一本です。
税込み価格34,659円P1010005

spec espaceのご紹介

P1010002_2spec espace ES-6013_BK(ブラック)のご紹介です。フレームカーブとレンズカーブが独立した構造になっているため深いそり角にもかかわらず非球面レンズで対応出来るのがうれしい一本です。機能性とデザイン性が両立された優れものでもあります。
税込み価格26,250円です。P1010006

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ